業務スピードに影響するワークフロー|仕事の可視化で効率アップ

男女

戦略的な人材活用のために

電卓

これからの企業にとって重要な経営資源である人材の戦略的な活用を行うために、人事給与システム導入を検討している企業が増えています。人事給与システムは頻繁に入れ替えを行うものではないが、制度や企業環境が劇的に変化する現在、それらの変化に柔軟に対応できるシステムを選ぶことが重要です。

詳しく読む

総務をサポートする会社

メンズ

総務人事に関する作業というのは、従業員の増加に伴って工数が増えます。そのため、総務人事に割く人員も増えてコストも高まる傾向にあります。そのため、最近では給与計算アウトソーシングを利用する企業が多くなっています。勤怠管理や給与計算に関わる作業の工数削減も可能なので、上手く活用することが賢い選択でもあります。

詳しく読む

仕事の流れの管理

レディ

定型業務の管理

ワークフロー管理とは、会社における定型的な業務の流れをシステム上で実行、管理し、全体としての業務効率向上を目的とした業務プロセスの管理手法を言います。文書、情報、仕事が、自動的に担当者から担当者へ引き継がれていくルールを定めておけば、業務の全部あるいは一部を自動化することができます。これにより、業務の処理に要する時間の短縮や工程削減といった業務の効率化が進みます。加えて、ワークフロー管理を行うために、まず業務プロセスの把握や整理が必要になりますので、その過程において無駄な工程を省いたり、作業そのものの見直しにもつながります。資料送付、稟議書の起案及び承認、定型的な伝票処理といった業務のスピードアップを図ることができます。

業務フローのメリット

ワークフローは、仕事の手順を可視化するために作成します。ワークフローを作成する過程においては、仕事の流れの見直しが必然的に行われますので、業務の改善につながる可能性が高くなります。文章ではなく、図示しますので、仕事の本質的部分があぶり出されます。煩雑な作業が必要な業務については、業務マニュアルを作成したり、外注すべき作業範囲の確認を行うことにつながります。また、新採社員や異動してきた社員に業務習得の教材となります。一方で、業績悪化に伴う予算削減に迫られ、人員削減も進んでいます。このため、一人あたりの担当が増え、その結果仕事が属人化されてしまい、ブラックボックスとなった業務を見えるようにしたい場合にも役に立ちません。

給与計算の効率化

システム

給与計算業務は煩雑な業務です。しかし、正確さを求められる重要な業務です。にもかかわらず、会社の収益には貢献しない、非生産的な業務です。このため、給与計算業務を軽減するために、給与計算システムの導入が有効です。

詳しく読む