戦略的な人材活用のために|業務スピードに影響するワークフロー|仕事の可視化で効率アップ

業務スピードに影響するワークフロー|仕事の可視化で効率アップ

男の人

戦略的な人材活用のために

電卓

人事システム導入の注意点

企業において人材は重要な経営資源ですが、その人材である社員に関する採用から退職までの情報や給与情報を管理する人事給与システムを導入する企業が増えています。これは近年の人材の雇用形態の多様化やITの進歩による業務の複雑化から企業の人事管理の効率化が急務となっているためです。この人事給与システムを導入する場合注意すべき点は、人事給与システムは頻繁に買い替えをするものではないため、選定の際には慎重な検討が必要であるということです。給与業務の効率化はもちろんのこと、度重なる制度改正や企業合併・M&Aなどをきっかけとした人事制度の改正など将来を見据えた柔軟なシステムが必要になります。また、勤怠管理との連携や、経歴や職務、資格情報など様々な履歴情報を一元管理し、人事配置や人材開発をおこなう「戦略的人事管理」への基盤づくりができるシステムが理想です。

システム選定のポイント

この人事給与システムの選定において確実におさえておきたいポイントが数点あります。まず、給与業務などの定型業務が確実に高速化・効率化できることです。つぎに法改正・制度改正に柔軟に対応できる必要があります。現在は法改正や制度改正が頻繁に行われるたり、企業自体も常に変化している時代ですので、この変化にストレスなくスピーディに対応できるシステムであることが求められます。さらに、経営資源としての人材管理ができることも必須であるといえます。現在の企業においては劇的に環境が変化していきますが、これらの変化に対して人材を戦略的に活用できるようにするべきでしょう。社員のスキルや資格、経歴、プロジェクト歴、人事考課など様々な視点で対応できる人材情報をタイムリーに蓄積し、検索集計することで、現状把握から課題を導き出せます。このように、次のアクションを検討していくことはこれからの企業に欠かせない事案となっています。さらに、人事給与システムの社員情報は、大切な個人情報であり、万全のセキュリティ対策も求められます。