給与計算の効率化|業務スピードに影響するワークフロー|仕事の可視化で効率アップ

業務スピードに影響するワークフロー|仕事の可視化で効率アップ

男の人

給与計算の効率化

システム

給与計算の内容

給与計算業務は、単に給与表に定められた金額を支給するだけではありません。社員が時間外労働や休日労働を行った場合、残業代を支給しなければなりません。この場合、社員の勤務時間を正確に管理する必要があります。このため、社員の給与支給額は毎月変動します。これに伴って、課税される税金の額も変わりますし、社会保険や労働保険の標準報酬額も変わり、社会保険料や労働保険料の金額も変わります。給与明細書の発行や年末調整など給与計算業務は、多岐に渡ります。一方で、給与計算業務は煩雑である割に、生産性がない業務です。そこで、給与計算システムを導入することにより、給与計算担当者の業務を効率化ができます。給与計算システムの導入により、煩雑な給与計算業務の大部分を自動化できますので、給与計算担当者のた業務負荷を軽減することができます。

電算化の際のポイント

給与計算システムを導入するメリットは、単に給与計算業務の効率化にとどまりません。給与計算システムと人事システムを連携させることで、人事戦略に役立てることができます。会社の重要な資源である社員の人員配置の見直しやそもそもの組織改革に活用することができます。このため、給与計算システムを選定する際には、自社の既存のシステムとの連携可能性やシステムの拡張性を確認しておくことが重要です。さらに、人事制度や給与制度は、社会の変化によっても変動しますので、その場合に対応できるような柔軟なシステムであることが重要です。また、給与計算に使うデータは個人情報です。このため、セキュリティ面での精査は欠かせないポイントです。